悩みを抱える人へ向けた情報【眼瞼下垂はおでこのしわが出来る原因】

改善で得るメリットは多い

目元を触る人

眼瞼下垂はこれまであまり知られていない症状でしたが、メディアなどでも取り上げられるようになり、次第に広く認識されるようになってきています。そのほとんどが先天性で、後天性の場合は加齢の影響で現れる症状です。もとからの顔つきと思い込むケースが多く、気が付かなかったという場合もあります。体に対する影響は、視力の低下や慢性的な頭痛です。もし、気になるけどよくわからないといった場合は、まずは美容整形外科などで相談し見てもらうといいでしょう。眼瞼下垂の場合は、垂れ下がった部分で視界を遮り、目を見開こうとした時に、額にシワができます。治療をする事でシワがなくなり、美容効果が得られます。アンチエイジング効果も高くメリットも大きいので、治療を迷っているのであれば早めに診察してもらうと良いでしょう。

特に影響がないと感じていても慣れているというだけで、知らないうちに、実は体に負担をかけているケースもあります。また、本人は普段通りにしているつもりでも、眼瞼下垂は瞼が下がり気味なので、見た目が眠そうな顔に見られてしまい、コミュニケーションのトラブルにも発展しかねないのです。そうならないためにも、相談や治療を先延ばしにするのではなく、早めに決断すると良いでしょう。眼瞼下垂が原因の影響として挙げられるのが、先述のような症状のほか、慢性的な肩こりにつながる事も分かっています。若いうちは何とかなるような症状でも、放置すると加齢で重荷となるので注意が必要です。現在美容整形外科ではきちんとしたカウンセリングが行なわれているので、不安な部分をなくした上で治療にあたることが出来ます。

目をパッチリとさせよう

フェイス

眼瞼下垂には保険適用と保険適用外とあります。美容目的だと費用が大きくなりますが、保険適当されると施術コストの削減が可能です。軽度の眼瞼下垂の場合は、切らない施術での症状解消も可能です。

詳しくはこちら

瞼の下垂の原因と治療法

顔の美容整形

正面を向いている際に、まぶたが瞳孔にかかっている、または塞いでいる状態を眼瞼下垂と言います。眼瞼下垂の治療は切開手術が基本となります。術後はまぶたの腫れが1週間ほど目立つ場合が殆どです。一か月以上たつと、全く目立なく自然なまぶたとになります。

詳しくはこちら

上まぶたが気になるか

施術

上まぶたがたるみすぎている場合は、眼瞼下垂かもしれません。加齢やまぶたをこするなどが原因で起こることがあります。重度の場合は視野が狭くなることもあるので、治療したほうが良いです。早く治療すれば早く治ります。

詳しくはこちら